• twitter
  • line
お仕事相談LINEAV事務所紹介

アダルトVR作品で人気AV女優になるには

アダルトVR作品で人気AV女優になるには

すっかり人気が定着したアダルトVR作品。普通のAVとは、人気女AV優や人気AVメーカーが違うなど、独自の世界となっています。そしてVRではAV女優の努力次第で人気をつかむことが出来るのです。

これからのAV女優はVRを避けられない

VRは「Virtual Reality」(ヴァーチャルリアリティの略で、仮想現実という意味です。ゴーグルなどを装着して見ることで、その世界の中に入ったかのような体験をすることができます。
2016年頃からアダルトの世界でもVR作品が盛んに作られるようになり、動画配信サイトでは上位をVR作品が占めることも珍しくなくなりました。AVメーカーの中には、その売上をVR作品に頼っているところも増えてきたほどです。
VR作品の撮影が急増したため、AV女優にとってもVRは避けられないものとなってきています。しかし、VR作品の撮影は、通常のAVの撮影とはかなり違っているため、慣れないとかなり戸惑うようです。また、通常のAVでは上手と言われる女優でも、VRはどうしても上手く出来ないということも多いのです。
しかし、VR撮影に対応できるかどうかは、これからのAV女優にとっては重要なポイントとなります。

アダルトVRとは(wikipedia引用)

基本的には性的行為・性行為をVR視聴用に収めたポルノ映画もしくはポルノグラフィティ、ポルノゲームのことで、視聴者の性的欲求を満足させるためのものである。日本における独自の名称であり、その他の国では一般的に「VRPorn」もしくは「3DPorn」と呼ばれる。
双方式のVR撮影用にカスタマイズされて専用ビデオカメラで撮影されたポルノ映像・ゲーム、日本国内でストリーミングやデータファイルなどで合法的に流通されている。日本のアダルトのことを時に「Japanese Hentai」と呼称することがある。

VR撮影ではAV男優に頼れない

アダルトVRは180度の画面(360度画面の作品もアリ)がユーザーの視界になります。目の前にいるAV女優と会話をしたり、セックスをするような気分が味わえるのです。
そのため現場ではAV男優の顔の位置にVRカメラを置いて撮影することになります。普通のAV作品でも主観物(一人称撮影物)は、そのような撮影方法になりますが、VRの場合はカメラも大きく、ほとんど動かすことができません。そのため、固定カメラの前でAV女優が動くことになります。
また会話と言っても、AV男優は一切無言というのがVRの基本です。AV男優がしゃべってしまうと、ユーザーが自分がプレイしている気分を壊されてしまうからです。AV男優が手でAV女優を触ることすら嫌うユーザーもいるほどです。
つまり、AV女優はカメラに向かって一人でしゃべり、一人でプレイを進行していかなければならないのです。AV男優がリードすることに慣れている女優には、かなりハードルが高いと思います。

一人芝居が出来るかどうかが勝負

一人芝居が出来るかどうかが勝負

そうした撮影上の制約もあるため、アダルトVR作品の大半は、いわゆる「痴女物」、もしくは「甘え物」です。「痴女物」の場合は、ユーザーに対して、エッチな言葉を浴びせながら愛撫していく。「甘え物」の場合は、ユーザーに対してラブラブな言葉をかけながら愛撫していくことになります。
通常であれば、AV男優がその相手になるわけですが、VR撮影においてはAV男優は一言も話せないし、あまり動けません。顔も大きなカメラで隠されているため、表情すらわからないのです。つまり、相手の反応は期待できません。。
言ってみれば、人形に対して一人芝居をしていかなければならないのです。さらにVRはワンカットで撮影が多いので、進行のタイミングも自分で把握していく必要あります。
カメラの向こうからAV監督が指示を出す場合もありますが、視点が外れてしまうため、それも控える傾向があります。
撮影が始まってしまったら、AV女優に全ての責任がかかってくるのがVRなのです。
カラミにおいても、VRはその特性上、正常位が苦手なので、騎乗位がメイン。カラミでもAV女優がリードしていかなければなりません。

ルックス以外の要素が重視されるVR

AV女優の中には、撮影の時は常にAV男優を本当の恋人だと思うことで感情移入するというタイプがいますが、VR撮影ではそれは難しいでしょう。何しろ相手と目を見つめ合うこともできないのですから。
VR作品で人気のAV女優は、いかにユーザーと「イチャイチャとセックスしている」気分を味わせることが出来るかに長けています。
逆に至近距離での撮影が多くなるため、プロポーションを武器にするのも難しかったりもします。
つまりそれは、演技力次第では、多少ルックスに自信がなくてもVRでは活躍できるということでもあるのです。
実際、普通のAVではそれほど人気がないけれど、VRではダントツの人気というAV女優もいます。
評価の高い他のAV女優のVR作品を見て勉強したり、一人芝居の練習をしたりするなど、努力次第で人気AV女優になることが出来るというのがVRの世界なのです。

お金が必要な方ご相談ください

お仕事相談LINEAV事務所紹介

PAGETOP