• twitter
  • line
お仕事相談LINEAV事務所紹介

売れるAV女優になるにはどこに気をつければいいですか?

売れるAV女優になるにはどこに気をつければいいですか?

これだけAV女優もたくさんいると、売れるAV女優・売れないAV女優の差は激しくなります。では、その差はどこにあるのでしょうか?

売れるAV女優に仕事が集中する。

AV女優は、基本的にクライアントであるAVメーカーからの依頼があって仕事になります。AVメーカーは売れるAV作品を作りたいと考えています。なので当然、売れるAV女優を起用したいと思っています。
AVメーカーは常に、今どんなAV作品が売れているのかをリサーチしています。売れた作品がAV女優の魅力に負うところが大きければ、「売れるAV女優」だと判断し、仕事を依頼します。そうなるとそのAV女優には、多くのAVメーカーから仕事が殺到することになります。
もちろん、まだ売れていないAV女優の中から売れるAV女優を見つけ出すのもAVメーカー(のプロデューサー)の仕事なのですが、どうしても「今、売れているAV女優」を起用する方が安全ということもあり、売れているAV女優に仕事が集中してしまう傾向になります。
しかし、そうなると出演作が多くなりすぎて、ユーザーに飽きられてしまうという結果となります。一気に人気が盛り上がりすぎるのも諸刃の剣ではあります。

可愛い、綺麗なだけでは売れない?

それではどんなAV女優が「売れる」AV女優なのでしょうか。
まず、「可愛い」「綺麗」というのは、やはり一番大きなポイントとなります。ただ、どういう顔が「可愛い」のかは、なかなか難しいのです。整っていればいいのかというと、そうでもありませんし、現在のAV女優は「可愛い」「綺麗」のレベルがかなり高くなっているので、その中で個性がないと埋もれてしまいます。
体型においても、胸が大きい方が有利ではありますが、ここ数年はどちらかというとスレンダーなAV女優の人気が高くなっています。巨乳・爆乳は固定ファンが多く、根強い人気がありますが、ランキング上位はむしろスレンダータイプだったりもします。
巨乳人気は数年単位で上がったり下がったりしているので、そろそろまた巨乳の時代が来るかもしれません。
スレンダーが人気とは言いましたが、その反面、ぽっちゃり系やムチムチ系などの肉感的なAV女優も最近注目されています。
ということでルックス的に、これが絶対に売れる、正解!というものはないのが現実なのです。

バランスよりも個性が重要

バランスよりも個性が重要

一般的に好まれているのは「ギャップ」です。最近人気が高いのは、一見すると地味で真面目そうなのに、すごく反応が激しいというタイプ。そして、いつでも人気があるのは清楚に見えるのに、スイッチが入るとすごくエロくなる、というタイプです。
見た目からも、いかにもビッチ!というタイプも根強い人気はあるのですが、痴女モノなどジャンルが限られてしまうところがあります。
こうした意外性=ギャップも、ある種の個性だと言えます。ルックスにプラスアルファとして個性があるAV女優は、やはり目立つのです。全体的にバランスよく優れているという女優よりも、どこか一点が抜きん出ているAV女優の方が強い印象を与えるのです。
AVはあくまでも嗜好品なので、ユーザーはハズレのない安全策を求めているわけではなく、強いインパクトのあるアタリを欲しているからです。

個性に正解はないのだから

最近、目立つのがアイドルやアニメなどオタク系の趣味のAV女優です。今はオタク趣味も珍しくないので、かなりディープなレベルまで好きじゃなければ注目されませんが、話題になりやすく、SNSなどでファンと絡みやすいという点がメリットです。全問誌など、思わぬところで反応があって、仕事の幅が広がるということも期待できます。
また、やたらと乳首舐めが上手い、手コキが上手いといった一芸に秀でているのも、個性だと言えます。こうした特技は、AV制作側としても使いやすいので、仕事に繋がりやすい個性です。
個性に正解はないので、自分の中にある好きなものは隠さずに積極的にアピールしていく方がいいでしょう。
面接の時に何気なく話したことが「面白い」と意外な仕事につながることもあるのです。
自分で勝手に「今は、こういうAV女優が人気があるからマネしよう」などと思わずに、自分自身の個性を上手にアピールした方がいいでしょう。

お金が必要な方ご相談ください

お仕事相談LINEAV事務所紹介

PAGETOP