• twitter
  • line
お仕事相談LINEAV事務所紹介

その後のAV女優

その後のAV女優

AV女優としての活動を終えた後はどうする?どんな道があるのでしょうか? 先輩たちは、様々な分野で活躍しています。

引退したAV女優はどうなる?

AV女優という仕事は、実際のところ、それほど長く続けられるものではありません。もちろん中には10年以上活動している女優もいますが、それはごく一部に限られます。
ほとんどの女優は一年未満、長くて2~3年というところでしょう。
となると、その後はどうすればいいのか、考えてしまうでしょう。
引退後のAV女優の仕事として、よく目につくのが風俗や水商売、ストリップなどです。
しかしこれは現役時代の名前をそのまま使うことで、AV女優をやっていたことを肩書として使っているのです。
だから、取材などにも応じてマスコミに露出するので、目立つのです。
AV女優として登録している人だけで一万人以上、そして毎年3千人ほどが新たにデビューして入れ替わっていくと言われています。つまりAV女優をやったことがあるという人は何万人以上もいることになります。そして、元AV女優風俗嬢やストリッパーは、そんなにたくさんはいません。
ということは、ほとんどの人が普通の仕事をしたり、結婚したりしているということなのです。

無名のAV女優ならば、まず大丈夫

これは「AV女優」と言っても、多くの人に顔や名前を知られているような人気女優は、ごく一部であるということでもあります。
そのため、大半のAV女優は、その過去を誰にも知られないまま、普通の女性として生活をしているようです。
中には、びっくりするような大企業のキャリアウーマンとして働いている人もいるのです。
無名の企画女優の場合は、よほどの偶然やきっかけがない限り、バレてしまうことはないようです。
ただし、周囲にバレてしまった人の場合は、その多くが自分から漏らしていたという話も聞きます。信用できる相手だからと、つい気を許して話してしまい、それが伝わっていったとか。
もし絶対に過去を隠しておきたいというならば、どんな人に対しても、話さない方がいいでしょう。人の口に戸は立てられないのです。

無名のAV女優ならば、まず大丈夫

有名AV女優はさすがにバレの確率は高い

では有名女優だった場合はどうでしょうか?
こちらも意外に気づかれないという話は聞きます。メイクなどのせいもあり、AV女優としての顔と、素顔はだいぶ違うということもあるでしょう。
テレビなどにも数多く出演していたくらいメジャーなAVアイドルだった女優が、引退後に結婚した相手がそのことを全く知らなかったという例もありました。その人は結婚前にちゃんと話したそうですが、相手の人はそれも受け入れてくれたそうです。
ただ、やはり、無名の女優に比べるとバレのリスクは飛躍的に高くなります。それはある程度、覚悟するしかないでしょう。
以前に比べると、AV女優という仕事への風当たりは緩くなりましたが、今でも偏見が強いことも事実です。
もしバレてしまった場合は、多少嫌がらせをされても無視して相手にせず、それが度が過ぎるようでしたら、弁護士などに相談するのがいいでしょう。

各分野で活躍する元AV女優たち

それでは、風俗や水商売、ストリップ以外の他のジャンルで、名前をそのままにして成功した元AV女優を紹介してみましょう。
最も有名になったのは、漫画家として成功した峰なゆかさんではないでしょうか? 代表作である「アラサーちゃん」はベストセラーになり、壇蜜さん主演でテレビドラマにもなりました。
その「アラサーちゃん」にも出演していたみひろさんや、特撮番組にも出演した及川奈央さんなど、女優やタレントとして活躍している人もたくさんいます。
文筆関係に進む人もいます。熟女女優として一時代を築いた川奈まり子さんは、怪談作家として20冊以上の本を書き下ろしていますし、森下くるみさんも、小説やコラムなどを中心としてライターとして活躍中です。
現在は当時の名前を使っていませんが、脚本家・映画監督として活躍している90年代の超人気AVアイドルもいます。
それぞれ、もともとの才能もあったのでしょうが、新しい分野でも、しっかり足のついた活動をしています。
最近は、AV女優としての知名度を活かして活動範囲を拡げていくという人が多いようです。
AV女優であった肩書を使うも使わないも個人の自由ですが、その過去が活動の妨げにならなければいいなと思います。

お金が必要な方ご相談ください

お仕事相談LINEAV事務所紹介

PAGETOP