• twitter
  • line
お仕事相談LINEAV事務所紹介

同人AVって何っ!?通常のAV作品とは何が違うの?

同人AVって何っ!?通常のAV作品とは何が違うの?

アマチュアが自分たちで作る同人誌のように、AVにも同人AVが存在する?密かに人気を集めている同人AVとはどんなものでしょうか?

盛り上がる同人AV

現在、いわゆるAV(アダルトビデオ)と言われているものは、審査団体による審査を受けた「適正AV」のことです。これはDVDで販売されたり、レンタルされたり、FANZA(日本最大級のアダルトポータルサイト)に代表されるインターネットのサイトで配信されるなどの形でユーザーに届けられています。
しかし、実際にはこうした「適正AV」の枠から外れた、いわば「非適正AV」も数多く存在しているのです。ただし「非適正」と言っても、違法なものというわけではありません。
そのひとつが近年盛り上がりを見せている「同人AV」です。
同人AVは、同人誌のようにアマチュアが個人や小さなサークルで制作しているAVのことです。
アニメや漫画、ゲームなどのキャラのコスプレ物がメインで、00年代後半から作られ始め、即売会やダウンロードサイトなどで、販売されています。
現在は2000サークル以上が活動していると言われ、その制作タイトル数はどんどん増加しつつあります。

適正AVに負けない作品も

最初は、世界最大の同人誌販売イベントであるコミックマーケット(コミケ)などでDVDが販売されていたのですが、やがてアダルト色の強いイベント「コスホリック」での販売や、ダウンロードでの販売へと移行していきました。
先ほどアマチュアによる制作といいましたが、実はAVを作っているプロのスタッフが並行して制作しているということも珍しくありません。そのため、同人AVの中には適正AVに負けないようなクオリティの作品もありますし、人気のAV女優が出演している作品もあるのです。
また、もともと本当に好きな人が作っていることが多いため、コスプレなどへのこだわりなども、プロのAV作品を上回っています。
内容に関しても、コスプレをしているだけのイメージビデオ的なものやフェチ的なものから、過激なハメ撮りものまで、様々なジャンルがあります。

同人AVの魅力は生々しさ

同人AVの魅力は生々しさ

同人AVに出演している女性の大半は、AVプロダクションに所属していない素人女性です。
コスプレイヤーとして活躍している女性もいますが、自分から応募して出演したという人もいます。
素人の制作者が、素人女性を撮るということで、その生々しさが受けているようです。このリアリティは、プロが制作している適正AVにはかなわないところでしょう。
本当の素人女性が出演しているため、大きなマスクで顔を隠して顔バレを防いでいる作品もあります。普通は顔を隠しているとユーザーは不満に感じるものですが、隠しているのは本当の素人だから、と思うと逆にリアリティが出て興奮するのかもしれません。
あくまでも素人物として楽しんでいる人もいるため、全くコスプレをしていない同人AVも増えてきています。
同人AVのファンも、幅が広くなっているのでしょう。

注意が必要な同人AVへの出演

ただしトラブルが多いのも同人AVの問題となっています。
制作者が素人なだけに、適正AVのように事前の契約もなく、撮影内容に関する確認もきちんとされていないのが現状です。
例えば、本番無しの約束だったのが、現場の勢いで強制しようとしたり、撮影が終わった後も、プライベートでしつこく連絡をしてきたりというトラブルも多数聞こえてきます。
また、自主制作ということで、出演料もかなり少なく設定しているサークルがほとんどです。
もしトラブルが起きた場合でも、素人と素人による問題なので、解決がなかなか難しくなるようです。
安全にお金を稼ぎたいというのがAV出演の目的だという場合は、同人AVへの出演はよく考えた方がよさそうです。
もし出演する場合でも、評判などをネットで調べるなり、それが信頼できるサークルなのかは、しっかり調べた上で判断しましょう。

お金が必要な方ご相談ください

お仕事相談LINEAV事務所紹介

PAGETOP