• twitter
  • line
お仕事相談LINEAV事務所紹介

AV撮影以外の活動でも稼げるんですか?

AV撮影以外の活動でも稼げるんですか?

撮影ばかりがAV女優の仕事ではないのです。イベントに取材、番組への出演などAV女優の仕事は多岐にわたっていますが、華やかなそうした活動は、ちゃんとお金になるのでしょうか?

多岐にわたるAV女優の「課外活動」

最近のAV女優はAV撮影以外の活動の幅もずいぶん広がっています。
DVD販促イベントにトークイベント、ライブやテレビ番組、ラジオ番組、ネット番組などへの出演。グラビア撮影やインタビュー、コラム執筆など雑誌関係の仕事もあります。さらにヌード撮影会も盛んになってきています。
特に専属AV女優の場合は、アダルトビデオの撮影は基本的に月に一本だけなので、その他の日はこうした「課外活動」が仕事のメインということになります。
こうした仕事では、AV撮影のようにセックスをすることはなく、ヌードになることも少ないので、まるでタレントのような華やかな活動のようにも見えます。
しかしAV女優を目指す人の多くは、お金を稼ぎたいという目的があると思います。そうなると、こうした「課外活動」は、どれくらい稼げるものなのか気になるのではないでしょうか? ちょっと調べてみましょう。

直接ファンと触れ合うDVD販促イベント

一番多いAV撮影以外の仕事としてはDVD販促イベントがあります。以前は専属AV女優に限っていたのですが、最近は企画単体AV女優のDVD販促イベントも多くなっています。
AV出演作を買ってくれたユーザーに、サインやツーショット撮影などをするのがDVD販促イベントです。主にDVDショップで行われ、都心だけではなく、地方のショップなどを回ることもあります。
配信の割合が増え、DVDの売り上げが少なくなっている現在、実売数に結びつく販促イベントは大きな役割を果たしています。
実は販促イベントは、出演料にここまで含まれているという場合も多く、別途にギャラが出ないこともあるのです。出たとしても数千円から数万円と、あまり割のいい仕事ではありません。
ただしAV女優にとってもファンに直接会えることがモチベーションにつながるという面があります。もちろん、それが苦痛になるという人もいるわけですが……。

収入にはならなくても重要な「課外活動」

知名度を上げるにはやっぱりテレビ

それではテレビやラジオ、ネット番組などへの出演はどうでしょうか? AV女優が呼ばれるのはお笑い芸人の番組やバラエティが多いのですが、普段テレビなどで活躍している芸能人と一緒に仕事が出来るというのは嬉しい経験だと言えるでしょう。
ただし、こうした番組への出演は、実はギャラはほとんど期待できません。タレントではないゲストの出演は数万円ということがほとんど。数千円、もしくは無しの場合も珍しくないのです。
これはいわゆる文化人(作家やミュージシャン)などでも同じで、ある意味でPRなのだと割り切って出演するのが普通だからです。
それでも、テレビの地上波番組などでは、やはり知名度をあげるには、一番効果的です。それがAVの売り上げやSNSのフォロアー数増加につながるとなれば、これも重要な仕事だと考えるのがいいかもしれません。ただし、その分、バレの危険度も上がるわけなのですが……。

収入にはならなくても重要な「課外活動」

ではグラビア撮影、インタビュー、コラム執筆といった雑誌の仕事はどうでしょうか。こちらも残念ながら、せいぜい数万円というギャラなのです。やはりPR活動の一環だと考えた方がいいでしょう。
「課外活動」で一番収入が期待できるのは、撮影会です。お客さんと一対一での撮影になる「個人撮影(個撮)」と、複数のお客さんが一斉に取る「団体撮影」がありますが、これは数十万円の収入になります。もちろん予約で満員になるほど人気があるAV女優の場合ですが。
ということで基本的に「課外活動」はAV撮影に比べて収入的にはあまり美味しいものではありません。
しかし、こうした活動が知名度を上げることになり、それがAVの売り上げにつながるとすれば、これもまた重要な仕事だと言えます。特にDVD販促イベントでショップに好感を持ってもらうことは売り上げに大きな影響を与えるようです。売り上げが上がるということはAV女優としての価値やギャラも上がるということにもつながります。
また、ファンと実際に触れあうことは、活動を続けていく上で大きなモチベーションとなり、熱心なファンを掴むことはAV女優としての寿命を延ばすことになります。
トータルで見れば、AV女優にとって「課外活動」も大変重要な仕事だと言えるでしょう。

お金が必要な方ご相談ください

お仕事相談LINEAV事務所紹介

PAGETOP