• twitter
  • line
お仕事相談LINEAV事務所紹介

AV女優とSNSの関係

AV女優とSNSの関係

今やAV女優の活動に切っても来れない存在となったSNS。上手く使えば強力な武器になりますが、迂闊に使うと危険な凶器にもなってしまうのです。

タレント以上にフォロワーの多いAV女優

今のAV女優にとって、SNSは重要な存在となっています。
ほとんどのAV女優が自分のアカウントを持って、TwitterやInstagramで情報を発信しています。
現役のAV女優でもっともフォロワー数が多いのは約207万人の明日花キララさん(2020年1月現在)。これは約205万人の広瀬すずさんを上回る数字です。
2位はその爆乳で世界的にファンの多いHitomiさん(204万人)、そして三上悠亜さん(185万人)と続きます。
この上位三人はInstagramでも、明日花キララさん(207万人)、Hitomiさん(205万人)、三上悠亜さん(184万人)と、ほぼ同数の莫大なフォロワーを持っています。
最近は女性のAV女優ファンもかなり多いのですが、話を聞くとAVではなくTwitterやInstagramなどのSNSで彼女たちの写真を見て、ファンになったということが多いようです。このフォロワーのうち、女性の割合もかなり多いようです。

AV女優のナマの声を届けられるSNS

AV女優がネットを使い始めたのは、2000年代の前半頃のブログブームからです。
それまでAV女優がファンに自分の言葉を届けることが出来たのは雑誌のコラムなどに限られていたのですが、これも多くは編集者の手は入り、「生の声」とは言いにくいものが大半でした。
00年代後半になると、ほとんどの人気AV女優がブログを運営するようになり、ファンに自分の生活や趣味などをアピールできるようになりました。
コメントを書くことで、ファンとも交流ができるようになりました。
もっとも、このブログも雑誌のコラム同様、プロダクションのコントロール下におかれていることが多かったのですが。
そして10年代に入ると、Twitterが一気に広がります。手軽に簡単に「つぶやき」を発信できるということで、ブログ以上に定着していきます。さらに10年代後半には、画像中心のInstagramも人気を集めるようになります。

AV女優のナマの声を届けられるSNS

AVを見ないAV女優ファンも

SNS時代になってAV女優とファンのあり方は大きく変わりました。
それまでは、AV女優のキャクターはAV作品で見るか、雑誌などのメディアで見るか、あるいはイベントなどで触れるかで判断されてきたのですが、SNSによって、もっとダイレクトに個性をアピールできるようになりました。
気になったAV女優がいれば、まずTwitterを見てみる、というのがファンの典型的な行動になりました。
中には、AVは見たことがないけれど、Twitterは熱心に見ているという「ファン」もいます。女性のAV女優ファンは、大半がこのタイプのようです。
アニメやゲーム、マニアックな漫画やゲーム、スポーツや格闘技、ファッションなど、自分の趣味をアピールすることで、親しみを持った人がフォローしてファンになるという広がりも生まれました。
そのため、フォロワーはたくさんいても、AV作品自体はあまり売れない、という女優も出てきています。フォロワーが多い=AV作品が売れる、というわけでもないのです。

自分の努力が人気につながることも

それでもSNSのフォロワーが多いということは、大きなメリットになっています。
フォロワー数が多い女優は、熱心なファンが多いということでもあり、販促イベントでの動員が多いのです。
爆発的なセールスを記録するわけではなくても、ある程度の売上が約束されているというのは、AVメーカーにとっては大きなメリットです。
メーカーの中には、女優のSNSでのフォロワー数をキャスティングの参考にしている会社もあるようです。
また「FANZAアワード」や「スカパー!アダルト放送大賞」といった賞レースでは、ネット投票が行われるため、SNSのフォロワーが多い女優がどうしても有利になります。
こまめにツイートする、積極的にレスを返すといった個人の努力で、自分の人気を上げることができるというのはAV女優にとって大きな魅力だと言えるかもしれません。

SNSとのつき合い方は慎重に

ただし、いいことばかりではないというのもSNSなのです。
2019年に、人気AV女優の戸田真琴さんがTwitterをやめるという宣言をして、話題になりました。
戸田真琴さんは、デビュー当初からSNSやブログを積極的に利用し、そこで映画好きをアピールしたことから、一般メディアで映画関係の原稿を書くことになったり、映画監督をすることになったりと、仕事の幅を大きく拡げた女優です。
しかし、SNSでは心無い反応に傷つけられてしまったり、フォロワーの増減に気を取られてしまったりと、神経を使うことが多く、疲れてしまったというのです。
AV女優に限らず、そうしたSNS疲れは、近年大きな問題となっています。
AV女優にとって、SNSは武器であると同時に、心を傷つける凶器にもなってしまうのです。
SNSとのつきあい方は、慎重にすべきでしょう。

お金が必要な方ご相談ください

お仕事相談LINEAV事務所紹介

PAGETOP