• twitter
  • line
お仕事相談LINEAV事務所紹介

AV女優は実年齢より見た目年齢が大事

AV女優は実年齢より見た目年齢が大事

若く見られるけど、実際は年齢が少し高いから、AV女優は無理…。そんなふうに思っていませんか?でもAVの世界は見た目年齢が一番が重要なんですよ。

AV女優のプロフィールは全部ウソ?

AV女優のプロフィールには、必ずといってもいいほど、年齢が書かれています。
美少女系であれば、若いほど喜ばれるということで、18歳、19歳であれば、パッケージに年齢が大きく書かれたりもします。
また逆に熟女系であれば、年齢が高いほど喜ばれると場合もあり、40代、さらには50代や60代でも年齢の表記が重要になる場合があります。
男性は、その年齢の数字自体に興奮するという性質も強いのです。「ああ、この子はこんなに若いんだ」「こんなに熟女なんだ」ということで妄想が膨らんだりするのです。
しかし、そこに書かれている年齢が必ずしも、そのAV女優の実年齢ではありません。いや、むしろ実年齢通りの場合の方が少ないのです。
基本的にAV女優のプロフィールは、年齢だけではなく誕生日、出身地なども、実際とは違うことがほとんどです。
これはバレを防ぐという意味があります。AV女優であることを隠しておきたいという人がほとんどなので、実際のプロフィールとは変えているのです。

AV作品によって年齢は変わる?

単体女優の場合は、プロフィール上の年齢が変わることは、まずありませんが、企画単体女優企画女優の場合は、そうした公式年齢もあってないようなものです。
例えば、同じ女優の出演作品でも、女子校生設定ならば十代になりますし、OLや人妻設定ならば二十代になります。作品に合わせて、年齢は変わるのです。これは一般の映画やドラマの中で俳優が演じる役によってその物語の中での年齢が変わることと同じです。
しかし、どう見てもその年齢に合っていないとなると、ユーザーも白けてしまいます。怒る人もいるでしょう。
実際には18歳未満の女の子はAVに出演できないわけですが、女子校生の役をやるには、童顔で小柄な女の子の方が向いているわけですし、逆にその子がセクシーな人妻役をやるというのは、無理があります。
その女性のルックスによって、演じる役も決まってくるわけです。

見た目年齢が重要なAVの世界

見た目年齢が重要なAVの世界

ただし、ここで重要なことは、それを決めるのは、あくまでもルックスであり、実年齢ではないという点です。
実際の女性(女性に限りませんが)は、実年齢よりも若く、幼く見える人もいますし、もっと大人っぽく見える人もいます。学校などのクラスを思い浮かべてもらえれば実感できるでしょう。
AVにおいては、そもそもプロフィールの年齢(営業年齢、などと呼ぶこともあります)が違うのですから、実年齢にはほとんど意味がありません。
従って、AVの世界においては、実年齢よりも見た目の年齢が重要になっているのです。
熟女系を別とすれば、やはり若い方がユーザーの受けはいいのですが、実年齢が若くても、見た目が若くなければ、あまり意味がないのです。むしろ若さを求めるユーザーからは、がっかりされてしまうでしょう。
その場合、営業年齢を見た目に合わせて上に設定、つまり逆サバを読ませるということもあります。

AV女優はサバも、逆サバもあり

アイドルや女優など、芸能界では実年齢よりも公称年齢を若く設定する=サバを読ませるということは珍しくありません。
そして、やはりAVでもそれは多い事例です。ロリ系女優の中には5歳も年下に営業年齢を設定している人もいます。そうした人は、インタビューなどで、話題の食い違いが出ないように苦労しているようです。
そしてロリ系の女優はもともと童顔なので、デビューしてから何年たっても、ロリ系の役を演じることが多いのです。そうなると営業年齢でも二十代半ばになっているというのに、まだ女子校生の役などを演じていて、ユーザーもそれをおかしいとは思っていません。
AVでは、あくまでも見た目年齢が重要だからです。見た目が不自然でなければ、それでいいのです。
また、顔立ちによってはメイクでかなり若く見せられることもあります。そうなれば営業年齢を若く設定することも可能です。AV女優は、基本的にすっぴんを見せることはないからです。
ですので、実年齢が多少上でも、若く見える女性ならばAV女優になることを諦めなくてもいいわけです。
そして、実年齢も見た目年齢も上という人であれば、熟女系で人気が出るという可能性もあります。こちらの場合は、さらに逆サバを読ませることもあるほどですから……。

お仕事相談LINEAV事務所紹介

PAGETOP