• twitter
  • line
お仕事相談LINEAV事務所紹介

AVの撮影現場はどんな感じですか?

AVの撮影現場はどんな感じですか?

いくらAVを見ていたとしても、それがどんな風につくられているのかはわかりません。
撮影現場がどんな場なのか知らないと、怖くなったり不安に思うのも当然です。ここでは撮影現場がどんなところなのかを解説してみましょう。

AVの撮影現場はびっくりするほど「プロフェッショナル」な世界

ほとんどのAV女優は、初めて撮影現場に行く時は「いったいどんなところだろう」と緊張したと言います。中には「怖いのではないか」と不安になっていた人もいます。
しかし、終わった後には誰もが「みんなちゃんと仕事に打ち込んでいる場だったので、驚きました」と口を揃えます。
それは当然です。AVの撮影現場にいるスタッフは、誰もがそれを仕事としているプロフェッショナルです。変な下心などを抱いていたら、仕事にならないのです。
たまには緊張をほぐすために下ネタの冗談をいうこともありますが、基本的には事務的にサクサクと作業を進行させていくのです。あまりに普通なので、拍子抜けする新人女優も多いようです。
また、撮影現場においてはAV女優は最も重要な役割を担っているので、スタッフは気をつかって接してくれます。昔は、怒鳴るような監督もいたようですが、現在はそうした人は全くいなくなり、和気あいあいとしたムードの現場がほとんどになっています。

AVの撮影現場にいるのはこんな人たち

AVの撮影は大掛かりなものから、最少人数でおこなうものまで、様々な規模がありますが、ここではスタジオ撮影による一般的な単体作品の現場での話をしてみましょう。
まず出演者。女優一人に、男優が3~4人。男優が一人という場合もありますが、最近はコーナーごとに別の男優さんを起用することが多いようです。
そして制作スタッフとしては、監督、ビデオカメラマン、音声担当、照明担当、AD(助監督)、ヘアメイク、スチールカメラマン。そして場合によっては、プロデューサーメーカーの広報、取材者などが撮影現場に立ち会うこともあります。そしてAV事務所のマネージャー。
現在は、もっと少数のスタッフで行う現場が増えていますが、意外に多くの人が関わっているということに、初めての女優はみんな驚くようです。
ちなみに最少人数の現場としては、女優の他は男優兼カメラマン兼監督が一人。つまり二人だけで撮影する「ハメ撮り」というものもあります。

AVの撮影はこんな風に進みます

AVの撮影はこんな風に進みます

AVの撮影は大掛かりなものから、最少人数でおこなうものまで、様々な規模がありますが、ここではスタジオ撮影による一般的な単体作品の現場での話をしてみましょう。
まず出演者。女優一人に、男優が3~4人。男優が一人という場合もありますが、最近はコーナーごとに別の男優さんを起用することが多いようです。
そして制作スタッフとしては、監督、ビデオカメラマン、音声担当、照明担当、AD(助監督)、ヘアメイク、スチールカメラマン。そして場合によっては、プロデューサーやメーカーの広報、取材者などが撮影現場に立ち会うこともあります。そしてAV事務所のマネージャー。
現在は、もっと少数のスタッフで行う現場が増えていますが、意外に多くの人が関わっているということに、初めての女優はみんな驚くようです。
ちなみに最少人数の現場としては、女優の他は男優兼カメラマン兼監督が一人。つまり二人だけで撮影する「ハメ撮り」というものもあります。

スタジオにも色々な種類がある

AVの撮影で使用されるスタジオにも、色々な種類があります。
撮影スタジオと言われて、よく想像されるような白い壁や白い背景の白ホリゾントスタジオは、AVではあまり使用されません。
むしろ、リビングルームや教室、廃墟といった空間をセットで表現したスタジオがよく使われています。こうしたスタジオは部屋ごとに別のセットが作られており、ひとつのスタジオで様々なシチュエーションを撮影することが出来るので便利なのです。
住宅などをそのままスタジオに流用しているのがハウススタジオです。AVでは、家の中でセックスをするというシチュエーションが多いため、ハウススタジオの使用率はかなり高いようです。
また、倒産した会社や病院、コンビニなどの建物をそのまま流用したスタジオもあります。
こうしたスタジオは住宅地の中にあることが多く、こんなところでAVを撮影するスタジオがあるのかと驚かされます。

ロケで撮影することもある

AVはスタジオだけで撮影されているわけではありません。
ハウススタジオでは出すことの出来ないリアルな生活感を求めて、関係者などの自宅を借りて撮影することもありますし、シティホテルやラブホテルなどの部屋で撮影することも少なくありません。地方の温泉旅館などで撮影することも増えました。
以前は、レジャー施設の中や野外などでゲリラ的に無許可で撮影することもあったのですが、現在は規制が厳しくなったために、ほとんどなくなりました。それでも、イメージシーンや説明シーンとして屋外で撮影することはあります。
もしも「このあたりは、知り合いに見られるかもしれない」といった心配がある時は、事前に言っておけば、撮影場所を変えてもらえますので、遠慮せずに伝えましょう。
こうしたロケの場合は、スタッフも少数に絞られることが多いようです。

お金が必要な方ご相談ください

お仕事相談LINEAV事務所紹介

PAGETOP