• twitter
  • line
お仕事相談LINEAV事務所紹介

あのAV女優も自分に自信がなかった

あのAV女優も自分に自信がなかった

今や憧れられる存在となりつつある「AV女優」。しかし、デビュー前は全く自分に自信のない陰キャだったという女性もかなり多いのです。

こんなに美人のAV女優なのにモテなかった?

人気AV女優さんと話をしていると、デビュー前まで、自分のルックスに自信がなかったという人が意外に多いことに驚かされます。
今のAV女優はルックスのレベルがかなり高くなっているので、びっくりするような美女・美少女ばかりで、これはモテモテの人生を送ってきたのだろうなと思うと、意外や意外。オタクや陰キャだったという人がすごく多いのです。
もちろん中学生くらいから、美少女として有名で告白されまくっていたという人もいるのですが、どちらかというとモテなかった人の割合の方が高いようです。
現在、AV女優として人気が高いのですから、当時からルックスは悪くなかったはずなのですが、それはなぜなのでしょう?
そこにはいくつかの要因があるようですが、やはり最も大きな理由は、自分に自信がなかったということのようです。自信で人間はこれほど変わるのだな、と思い知らされます。

AV女優になる前は巨乳がコンプレックスだった

特によく聞くのがいわゆる巨乳の女優さんが、その大きな胸がコンプレックスだったという話です。
ほとんどの女優さんが、自分の大きな胸が嫌いで、猫背になったり、わざとダボダボの服を着たりして隠していたと言います。
女性同士でも、大きな胸は憧れられるものなのですが、男性からは性的な目でジロジロと見られてしまったり、可愛らしい服が似合わなかったり、肩が凝ったりと、デメリットばかり感じられるそうです。
中には胸を小さくする手術をしたいとまで考える女性までいるそうなのです。
しかし、AV女優になってみると、その大きな胸は何よりも武器となります。なんだかんだ言っても「巨乳」に惹かれる男性は多く、AVメーカーも、同じくらいのルックスの女性であれば、胸の大きい方を取る、と言っています。
男性からジロジロ見られてイヤだった胸も、それを自分から売りにしてしまえば、その視線もむしろ喜びへと変わるのです。

AV女優になる前は巨乳がコンプレックスだった

女性はAVの撮影現場で美しくなる

AVの撮影現場では、主役はやはり女優です。いかに女優を魅力的に撮れるのかが、最も重要な問題なのです。
そのため、できる限り女優さんに気持ちよく仕事をしてもらおうと気を使いますし、とにかく「可愛い」「綺麗」「セクシー」などと褒めまくります。すると女優さんも自信がついてきます。そう、自信というものが実は大きいのです。
自分のルックスに自信がついてくると、表情も変わってきます。女性は明らかに可愛らしく、美しくなるのです。
またAVの撮影現場では基本的にプロのヘアメイクさんが、時間をかけて化粧してくれます。自分で化粧をしているのとは、出来上がりが全く違います。美人で知られる女優さんが、すっぴんだと意外に地味な顔だったりすることもあり、メイクによってどこまで変わるかを見極めることも、スカウトプロデューサーにとっては重要な能力なのだろうなと思い知らされます。

AV女優になることで、変われるかもしれない

AV女優は他人に見られる職業です。見られることで、女性はどんどん美しくなります。
デビューの時に、ちょっと垢抜けない顔立ちだったAV女優がみるみるうちに美しく成長していくことは多いのです(男性の中には、その垢抜けないところがよかったという人もいるのですが……)。
ルックスを売りにする職業ですから、自分でも食生活などを気にするようになります。ジムなどに通っている女優さんも多いようです。それまでは、意思が弱くて節制が出来なかったという人でも、プロとしての意識が生まれることで、自然と努力できるようになるようです。
今、自分に自信がないという人でも、もしかしたらAV女優として活動することで、大きく変わることができるのかもしれません。
現在のAV業界は、競争が厳しく、女性であれば誰でも成功できるというわけではありませんが、そんな中で「戦う」ことができるならば、あなたの「女性」としてのステイタスは、間違いなく上がるでしょう。

お金が必要な方ご相談ください

お仕事相談LINEAV事務所紹介

PAGETOP