• twitter
  • line
お仕事相談LINEAV事務所紹介

AV女優の年齢は何歳くらいが一番人気がありますか?

AV女優の年齢は何歳くらいが一番人気がありますか?

AV女優になろうと決意したけれど、年齢がネックになるのではないか?こんな年齢だから、あまりニーズはないのではないか?そんなことを考えて躊躇している方も多いのではないでしょうか?ここではAV女優の年齢についてお話します。

若ければ若い方がいい、は昔の話

男性は、女性は若ければ若いほど価値があると思っている、というイメージがあります。アイドルなどでも10代の女の子がチヤホヤされています。
そうなると、AVでも若い方が人気があり、商品価値があるのではないか、と思われるでしょう。
しかし、現実は大きく違います。例えば、日本最大のアダルト配信サイトFANZAの2018年度の年間人気AV女優ランキングを見ると、元アイドルの高橋しょう子さんや三上悠亜さん(共に26歳)をおさえて一位に輝いたのは31歳の君島みおさんです。また4位には同じく31歳の波多野結衣さんもランクインしています。ベスト20位まで見てみると、三十代以上の女優は5人もいます。
そして25位の風間ゆみさんや、33位の澤村レイコさんは四十代です。
現在はいわゆる「熟女」と言われる女性の人気も高いため、人気のAV女優の年齢層は幅広くなっているのです。

何歳から何歳が熟女なのか?

現在発売されているAVのうちの約三分の一が「熟女・人妻」ジャンルの作品だと言われています。
「熟女・人妻」は最も大きく、人気の高いジャンルなのです。
こうした作品に出演する女優は「熟女女優」と呼ばれます。しかし、何歳以上が熟女なのかと聞かれると答えはなかなか難しいのです。
一般的には30代以上を熟女とすることが多いのですが、永遠のロリ女優と呼ばれているつぼみさんは30歳を超えていますが、彼女を熟女という人はいません。また2019年春に16年間の活動に終止符を打って引退した吉沢明歩さんも最後まで熟女女優と呼ばれることはありませんでした。
逆に二十代半ばから「熟女・人妻」系の作品に数多く出演している女優もいます。彼女たちは二十代にして熟女女優のカテゴリーに入れられることが多いのです。
つまり、AV業界において「熟女」は単に年齢ではなく、その雰囲気によって判断される名称なのです。

サバよりも逆サバ?

芸能人やアイドルなどで、年齢をごまかす=「サバをよむ」ことが話題になることがあります。これは年齢を実際よりも若く公称していることを指します。
AV女優でもサバを読んでいる人は少なくありません。2~3歳のサバは当たり前、中には5歳くらい若い設定にしている人もいます。ただAV女優の場合、身元バレを防ぐために実際の年齢と変えるという理由もあります。
しかし、近年増えているのが「逆サバ」、つまり実際より上の年齢を公称する女優です。これは熟女系の女優に多く見られます。
熟女というジャンルにおいては、年齢が高い方が価値があるからという理由の他に、「この年齢なのにそうは見えない若さ!」という驚きを狙う意味もあります。まだ三十代の女性を四十代として売り出せば、当然、そうとられるわけです。
ちなみにそうした売られ方をした女優に「女性として上の年齢だと思われるのは抵抗がありませんか?」と聞いたところ、「それで人気が出るなら、別に構わない」という答えが帰ってきました。

二十代半ばは中途半端?

二十代半ばは中途半端?

熟女人気が高まっているとはいえ、やはり二十歳前後の若い女の子の人気が高いというのも相変わらずです。
しかし、その間に挟まれた二十代半ばは、長年「売りづらい年齢」と言われてきました。
若くもなく、熟女でもない中途半端な状態ということで、サバを読ませて若くするか、逆サバで熟女にするといった売出し方をすることが多かったのです。
しかし近年は、むしろこの年齢のAV女優が「お姉さん」として注目されています。中途半端と見るのではなく、若さとエロさを兼ね備えた年代だと受け止めるファンが増えているのです。
男女共に結婚適齢期が遅くなりつつある現代では、二十代後半の女性が人妻というよりも、独身という方がリアルに感じられるのでしょう。
つまり、今のAV業界においては、若くても、熟女でも、そしてその中間でも、すべて人気がある年代だということが出来ます。
年齢がネックとなる時代ではないのです。

十代でもAV女優になれる?

AVに出演できるのは18歳以上(ただし高校在学中を除く)となっています。これまでにも、高校を卒業してすぐAVデビューをした女優は数多くいます。
中にはAV出演が既に決まっており、高校生のうちはグラビアアイドルとして活動し、卒業と同時にAVデビューすつという例もありました。
若い子ばかりが人気が出るわけではないと話しましたが、それでもやはり10代であるという部分に魅力を感じるユーザーも多いため、パッケージに「18歳」と大きく書く作品も少なくありません。
しかし近年では、大手メーカーでは本当に10代の女優を起用しないという動きがあります。
20歳未満の女性は未成年であり、親の同意がないと契約を取り消すことが出来るからです。
そのため極力トラブルを避ける傾向にある大手メーカーは、20歳未満の女優を出演させないのです。
そうしたメーカーでも出演者が18歳であることをうたった作品をリリースしているのですが、これは実際にはサバを読んでいる可能性が大きいのです。
十代でのAVデビューは難しくなっているのが実情です。

お金が必要な方ご相談ください

お仕事相談LINEAV事務所紹介

PAGETOP