• twitter
  • line
お仕事相談LINEAV事務所紹介

中イキができればセックス上級者

中イキができればセックス上級者

挿入されながらイクことを中イキといいます。ピストンされながらイク女性の姿はやはり刺激的。でも意外に中イキって難しいんです…。

中イキ経験者は2割以下

中イキとは、膣内での刺激でのオーガズムのこと。基本的には挿入でイクことを意味します。
逆に外イキとは、クリトリスの刺激でイクことで、多くの女性はオナニーでこのオーガズムは経験しているようです。クリトリスは愛撫しやすく、また感度もよいため、イキやすいのです。
セックスにおいても、クリトリスへの愛撫でイッても、挿入ではイケないという女性が多いようです。
調査によれば中イキを経験したことがある女性は、20%にも満たないといいます。そもそもイクという感覚自体を知らない女性は25%もいるそうなのですが……。
しかし、セックスではほとんどの男性が挿入行為でイクわけで、女性も一緒にイケるのが理想だろ言えましょう。
それはAVにおいても同じ。ユーザーとしては、やはり中イキしている姿を見たいのです。もちろん演技でイッたふりはできるわけですが、やはり本物の迫力にはかないません。
また外イキに比べると、中イキの快感はずっと深く大きいといいます。
女性として生まれたからには、やはり中イキの快感は体験しておきたいと思いませんか?

Gスポットは中イキの基本

女性が中イキするには、膣内のGスポットポルチオと呼ばれる性感帯に刺激を受けることが重要です。
有名なGスポットは、膣口から3~5センチほど奥にある性感帯です。指を入れて、おへそ側に指を曲げたあたりにあります。ザラザラしていて、ちょっと感触が違うのでわかると思います。
Gスポットは強く刺激する必要はなく、軽く触れる、優しくなぞるといったくらいの刺激でも十分です。
Gスポット開発には自分の指でもよいですが、バイブなどのオモチャを使う方がやりやすいでしょう。
ここで十分に快楽を得られるようになれば、男性のペニスでも中イキができます。特にAVの撮影では男優さんはGスポットを刺激するような動きをするのは朝飯前。こちらの準備ができていれば、簡単に中イキすることもできるでしょう。

Gスポットは中イキの基本

ポルチオの快感は強力

一方ポルチオは、膣の一番奥にある部分なので、普通の日本人男性のペニスでは、なかなか届きません。
ただし女性が感じると、少しずつ下へ降りてくるので、しっかりと感じていれば、ポルチオでイクことも出来るかもしれません。一説には20分以上快感状態にあることが必要とも言われています。
AVでもポルチオ物と呼ばれる作品があります。ポルチオが感じる状態になると、身体のどこを触られても、激しく痙攣してしまうほど感じてしまいます(もちろんAVですから、演技の場合もありますが)。
ポルチオを自分で開発するには、指ではちょっと届かないので、バイブなどのオモチャを使うことになります。その場合も、まずはクリトリス、続いてGスポットで何度もイクなどして、十分に快感を高めてから刺激することが重要です。ポルチオ開発には、ゆっくりと時間をかけることが大切なのです。
ただし、ポルチオが開発されてしまうと、大変感じやすくなり、通常の生活をしている時でもちょっとした刺激で感じてしまうこともあるとか……。

自分が中イキしやすい体位を知ろう

AVの撮影においては、監督さんの指示や男優さんのリードで体位は決まることが多いのですが、事前に「私はこの体位だとイキやすい」と伝えておくと、その体位中心でカラミをしてくれるかもしれません。
自分が中イキしやすい体位を把握しておくことも大切です。
最も中イキしやすい体位は、やはり騎乗位ということになるでしょう。女性の側が動きをコントロールできるので、Gスポットにも当てやすいのです。また女性が騎乗位で自ら腰を振りながら中イキする姿は、ユーザーにとっても刺激的。どのように動けばGスポットに当たりやすいのか、覚えておくといいですね。
ポルチオを刺激するには、ペニスが奥まで入る体位ということになります。その場合、正常位よりも、バックや寝バック、屈曲位といった体位の方が向いています。それでも、女性それぞれが膣の構造も違いますので、自分がどういう体位が向いているのか、把握しておきましょう。

お仕事相談LINEAV事務所紹介

PAGETOP